尿酸値が高いと20代でも痛風に!今すぐ実践したい簡単対策は水!

尿酸値が健康診断で高い

健康診断を受けたら尿酸値が高くて不安と思ってこの記事に訪れませんでしたか?

実際私も20代ですが初めての健康診断で尿酸値は9を超えていました!その時すごく不安に思いました。危機を感じて私はいろいろなことを調べて実践しました。

そのとき私が実際に行って有効的かつ簡単な方法はです!

今では健康診断での尿酸値も適正値に戻すことができました。あなたも実践すれば20代としての健康な体を取り戻せます。

尿酸値が高ければ20代でも痛風に

痛風とは突然激痛が起こるのです。痛風による激痛は歩くのも困難とされています。尿酸値が高いだけで痛風による痛みを恐怖しながら生活することになるのです。

そして最悪、健康を著しく害するような合併症にもつながるのです。

痛風を予防するための唯一の方法は尿酸値を適正に保つことです。

調べていただければわかりますが芸能人でも20代の時に痛風が発症してしまい苦しんだ経験があるという人は意外といます。

しかし、尿酸値を下げるにはどうしたらいいか?とわからない人は多くいると思います。私が教えます、実際に行動して尿酸値を適正値に戻しましょう!

尿酸値を下げることは水を飲むこと

結論は水を大量に飲めです。

水はもう飲んでいるという人も多いかもしれません。しかし、その量足りていません!

1日に最低でも2Lは水を飲まなければなりません。意識していてもその量は飲めていません。

なぜ水が最も効果的で簡単かというと尿酸は尿と一緒に排出されるからです。水分を多く取れば当然トイレにたくさん行きます。その度に尿酸値は下がっていくのです!

しかし、水が2Lってどれくらいか実感できないという人は多いと思います。水は食事中、外出先、家の中など多くの場所で違う容器で飲んでいます。

そのため、私が実際に行っているのはペットボトルで毎回水を飲むということです。ペットボトルで1日4本飲むと決めると目標も明確になり意識的に水を飲めます。

もちろん、短期間水を飲んだだけでは尿酸値が下がるわけではありません。そのため私は来年の健康診断を乗り越えるという決意のために定期便を頼んでいます。

もちろん、多少お金に余裕がある人でないと水にお金を払うというのは勿体無いと感じると思います。しかし水は1日で摂取する物の中で最も多いものとなります。有名な話ですが私たちの体は60%は水でできています。

そのため水のこだわりが体のこだわりになり、健康診断、尿酸値を最高の結果に結びつけるのです。

私が今オススメするお得なものを載せておきます。調べるのがめんどくさい人とかはチェックしてみてください!ミネラルも豊富なのに現在20%OFFです。

また、私の友達もやはり20代が多いです。そのため、食べ放題に自信がある人も多くいます。そんな人が使用するのは使い放題のウォーターサーバーです。使えば使うほど得するという気持ちで水を飲んで尿酸値を下げると言っていました。

さらに、現在家にいる時間も増えたのでお湯が出るのも便利だそうです。料理やカップ麺に使うそうです。

設置完了までLINEなので、20代なら簡単に設置できるそうなので一応紹介しときます。自分の生活に合う方を選択してください。

尿酸値を20代で下げるのは水だけではない

私が最も簡単で効果的だと実感したのは水を飲むことでした。しかし、私が単純に合っていただけかもしれません。そのため、他の方法を簡単に紹介しますね。

それは、アルコールを控える、肥満を解消する、尿酸値を増やさない食事にするです。

ここで注意することはストレスを感じると痛風になることです。

痛風にならないために尿酸値を下げるているのにストレスで痛風になっては本末転倒です。ストレスなくどれか実行できそうならばそれでもいいと思います。

決意を固めることが尿酸値を下げる第一歩です。明日やろうではありません。

今日だけやってみるです!

私も20代、これからのために尿酸値、痛風には水を飲んで打ち勝ちたいと思います!

あなたも、20代の生活を豊かにしてください!

尿酸値を下げた後の20代の人生

尿酸値が水を飲むことで下げた後は美味しい食事やお酒をたくさん飲んでいます。しかし、一度尿酸値が上がったからこそストロング0などは飲む回数は減りました。

また、水を飲むことが習慣になっており2Lはいかないまでも毎日多くの水を飲んでいます。

水を飲むことはダイエットや美容にも良いらしく、シュッとしたなどはよく言われます。そのため、外に飲みに行ったりするのもより一層楽しくなりました。

尿酸値が下がった後の20代はメリットしかありません。

あなたも明るい未来に向けて水を飲もう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました